東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”のほうき再現プロジェクト

東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”のほうき再現プロジェクトについて

皆さんご存じの江戸時代の浮世絵師「歌川広重」による『東海道五十三次(東海道五拾三次)』。
江戸と京都を結ぶ東海道の各名所を浮世絵にしていますが、その中の29番目の「濱松・冬枯ノ図(ふゆがれのず)」には、江戸当時の濱松(浜松)の様子が描かれています。
そして、その絵の中の赤ちゃんをおぶっている女性の手には何やら箒(ほうき)のようなものが・・・。
浜松で箒をはじめ掃除用品をつくっている私たちアズマ工業(株)としては気になって仕方ありません。

「この箒はどんな箒?」
「江戸の箒は今の箒とどう違う?」
「浜松は箒(ほうき)の名産地?」

考えるだけでウズウズとしてしまいます(笑)

東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”

東海道五十三次“濱松・冬枯ノ図”

そこで、この箒を再現するとともに、再現したその箒(ほうき)を浜松城の城主であった家康公をイメージしたキャラクター、家康くんに献上しようというプロジェクトがスタート!!

出世大名家康くんならぬ「浜松出世箒」。
はたして、再現なるか。それとも・・・・

出世大名家康くん 早く浜松城も掃除したいのじゃ

What’s new/新着ブログ

more

Material/参考資料

箒の再現にともない、参考にさせていただいた資料などを掲載。

more